ブログ|八幡東区で歯科・歯医者をお探しの方は高見歯科医院まで

歯を打った時の対処法💡

20.09.01(火)

こんにちわ、高見歯科医院院長の裵(ぺ)です。

 

子供の頃、転んで歯を打った経験はありませんか?

 

日本では近年虫歯は減少傾向であり、それに伴い歯の喪失や損傷の原因として『歯の外傷』が注目されています。

最近の報告では、『歯の外傷』の発生率は

永久歯で13〜17%

乳歯では17〜29%との事です。

『歯の外傷』は、1~2歳の乳幼児に多く原因は転倒、衝突、転落、打撲等で日常的に発生します。

 

 

◉『乳歯の外傷』予防

①まずは保護者が、危険を予測し注意する。

②「はいはい」や「歩く」など、子供の身体機能を鍛える。

③かかりつけの小児歯科を見つけておく。

 

◉『永久歯の外傷』予防

①スポーツの際はマウスピースを使う。

②出っ歯など、外傷のリスクの高い歯を矯正する。

 

 

 

◉対処法

『歯の外傷』が起こった時は、

①まずは深呼吸。

②状態を確認し、かかりつけの歯科医院に連絡しましょう❗️但し、「頭も打った」場合はそちらの治療を優先しましょう。

 

※歯自体が抜けた場合

抜けた歯は、洗わず乾燥させないように歯科に持参します。

もしあれば生理食塩水、なければイオン飲料水(cf.ポカリスェット)や牛乳にいれて持って行きます。水道水はお勧めできません。

 

 

どんなに気を付けていても事故は起こります。

お困りの際は遠慮なくご相談ください💡

 

 

PS.

 

最近手に入れた、お気に入りの雑貨です✨

 

 

店舗が気になる方は、

『八幡西区    RHINES』で検索してみてください💡

 

 

 

今月の料理は、チャーハンを作ってみました♬