ネット予約はこちら アクセス
0936510662 院長ブログ
アクセス TEL WEB予約

メニュー

インプラント

インプラント治療とは?
失った歯を補い生活の質を向上

インプラント治療とは、歯を失った場所に人工歯根(歯科インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着することにより、失った歯を補う治療です。そんなインプラント治療の最大のメリットは、周りの歯に負担をかけることなく治療が出来ることです。
近年、日本では40種類以上のインプラントが存在し、その中には考えられない程の低価格で広告されているケースがありますが、安全性の面では甚だ疑問があると言わざるを得ません。当院では、治療後も長く安心して噛めるように、確かなクオリティと歴史のあるインプラントを導入しています。

インプラントとブリッジ・入れ歯との違い

ブリッジや入れ歯は周囲の歯に
負担がかかる

ブリッジとは、歯を失った部分の両隣の歯を削り、削った歯にいくつかの連なった被せ物を架けることで失った歯の機能を補う治療です。
また、同じように歯を失った時の選択肢の一つである部分入れ歯は、入れ歯を支えるための留め具を両隣の歯に引っ掛けて安定させるため、健康な歯に負担がかかります。
インプラントは両隣の歯に頼らず、歯を失った部分の顎の骨に直接歯の土台を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるため、健康な歯を傷つけない治療です。
ブリッジや入れ歯は簡単にできる治療のように感じるかもしれません。しかし、歯に負荷がかかったり削ってしまうと、健康だったはずの歯まで寿命が短くなってしまうこともあるため、どの治療を選択するのかは治療前に十分に考える必要があります。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 隣の歯を削ったり、支えを必要としないため、周囲の歯に負担をかけずに治療できる
  • 自然歯と同じような噛み心地が得られる
  • 人工歯部分にはセラミックやジルコニアなど白い材料をしようするため、綺麗に周囲となじんだ見た目に仕上がる
  • 取り外す必要がないため、面倒くささがない

デメリット

  • 保険適用外の自費診療のため治療費が高額
  • 症例によってはインプラントが埋入できないことがある
  • 外科手術が必要

世界シェアトップクラスの
ストローマンガイドシステムを
導入

当院では、より高い信頼性と予知性を提供するためストローマンガイド・システムを導入しています。世界70ヶ国以上、500万人以上の方々が治療を受け、1300万本以上のストローマンインプラントが使用されており、世界のインプラント市場でトップクラスのシェアを誇ります。
ストローマンインプラントは、基礎研究と臨床実験に約30年という長い年月を費やし、人体に応用してから半世紀近い歴史を持つ信頼性の高いインプラントです。

  • 科学的根拠(エビデンス)に
    基づいたインプラント

    ストローマンインプラントは、その優れた製品特性および長期的な安全性を示す豊富なエビデンスにより、世界中で高い信頼を得ています。国際的非営利学術組織であるITI(International Team for Implantology)の協力によって、学術的に検証された製品を提供しています。

  • 長期的な臨床研究による裏付け

    世界には100以上のインプラントメーカーがあり、様々なインプラントを生産しています。しかし、長期的な臨床研究が行われているインプラントは非常に少なく、学術的に検証されていないインプラントが多数存在しているのが事実です。
    ストローマンインプラントは治療後5年および10年の長期的な臨床データがあり、確かな安全性が立証されています。

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリーとは、撮影したCTデータを元に専用のソフトウェア上でインプラント埋入位置を緻密に計画し、オペを実行できるシステムです。一人ひとりに合った専用のガイドを作成することで、正確な位置にインプラントを埋入出来る安全性の高い方法です。
→ストローマンガイド・システムの詳細

インプラント(上部構造込み)

1本目 ¥320,000
2本目以降~ ¥200,000

※価格はすべて税抜き表示です。

ページトップへ