ネット予約はこちら アクセス
0936510662 院長ブログ
アクセス TEL WEB予約

メニュー

リラックス・痛みの少ない治療

痛みの少ない治療を目指す。
”歯医者嫌い”を無くしたい。

痛みのプロにお任せ!
「痛みが少ない、怖くない治療」

歯科医院での痛い経験がトラウマになり、歯医者が苦手と感じる人は多いかと思います。高見歯科では麻酔科出身の院長が痛みや怖さという、歯医者のマイナスのイメージがなくなるような治療を心がけ、少しでも通院がストレスにならないように努めています。
北九州地区で痛みの少ない歯医者を探している方は、ぜひ高見歯科へ。

こんなお悩みありませんか?

  • 歯医者で痛い思いをしたことがある
  • 歯医者が怖い
  • 口の中を治療することに不快感がある
  • 注射が苦手だ
  • 緊張してしまう
  • 子どもが歯医者が怖くて泣いてしまう

高見歯科の治療の痛みを抑える取り組みについて

当院は「痛み」と長く向き合ってきた麻酔科出身の院長が治療にあたります。むし歯になってしまったところはしっかりと取り除き、患者さんに適した詰め物を使うことで、長い目で見てむし歯が再発しないようにしっかりと治療を行います。
治療においても必要以上に歯を削ることなく、患者さんご自身の歯や神経をできる限り保存するように努めています。「もっと痛くないように麻酔をするにはどうしたらいいか」「痛みのない期間を少しでも長くするためにどうしたらいいか」、そんな思いを胸に日々努力しています。

  • 麻酔が効きにくかった経験から
    不安を感じられている方へ

    麻酔注射の際は、少しでも痛みを抑えるためにあらかじめ、必ず表面麻酔を行います。さらに恐怖心の強い方には、状況に応じて笑気麻酔も活用。出血を伴う処置においては、処置後の痛みや出血を軽減させるため、レーザーも積極的に使用していきます。
    歯科医に対してマイナスのイメージを持っている方こそ、ご来院していただきたいと思っています。

  • 患者さんが
    リラックスできる環境づくり

    技術的な面はもちろん、なんでも話しやすい雰囲気と患者さんとのコミュニケーションを大切にし、患者さんの緊張をできるだけ減らして治療を受けていただきます。

  • 麻酔のチクッとした痛みを抑える表面麻酔

    歯の治療をするときには麻酔を行いますが、この麻酔を注射する際の痛みを苦手に感じる方は多いと思います。高見歯科医院ではこの痛みを抑えるために、麻酔の注射の前に必ず表面麻酔を行います。
    表面麻酔は注射をする歯茎にお薬を塗って、痛みを抑える方法です。この表面麻酔自体に痛みは全くありませんので、リラックスして処置を受けていただけます。

  • 笑気ガス吸入

    歯の治療に対する不安感の軽減のために、笑気ガスを設備として導入しています。
    笑気ガスは、鼻マスクで鼻から吸引することで、ゆっくりとリラックスした気分になれる効果があり、怖い気持ちや不安な気持ちを軽減させることができます。この笑気ガスは、酸素と一定の割合で混合させることで、吸入しても安全であると実証されています。

  • Co2レーザー

    高見歯科医院では、あらゆる治療に、Co2(炭酸ガス)レーザーを使用します。
    Co2レーザーには出血を伴わずに除去・切開できる効果があります。また、治療後の自然治癒を促進するため、患者さんの負担を軽減できることがメリットとしてあげられます。さらに、Co2レーザーは殺菌効果もありますので、抜歯後の腫れを抑えることができるのです。

高見歯科医院の「痛みの少ない治療」の流れ

  1. Step01

    表面麻酔を
    歯茎に塗ります

  2. Step02

    表面麻酔が効いてから麻酔の注射をします

  3. Step03

    麻酔が効くまで
    待ちます

  4. Step04

    しっかり麻酔が
    効いたら治療します

ページトップへ