ネット予約はこちら アクセス
0936510662 院長ブログ
アクセス TEL WEB予約

メニュー

トピックス

あなたの上唇小帯は大丈夫ですか??

こんにちわ、高見歯科医院の裵(ぺ)です。

 

本日は『上唇小帯』についてお話したいと思います。

上唇小帯とは、顔の中心の上唇(うわくちびる)の内側にあり、上唇と歯肉をつなぐひだ状のものをいいます。

上唇小帯異常とは、その先端部位の位置異常をいいます。つまり上唇小帯の歯茎側の先端部位の位置が、より歯に近い部位まで伸びていて、そのために歯と歯の間に隙間ができているか、そのおそれのある状態をいいます。

 

こんな感じです。

その結果、

歯並びへの悪影響 ➡︎   すきっ歯になる

②歯ブラシがしにくく虫歯になりやすい

などの問題が生じます。

 

しかし、成長・発育に伴い小帯は正常に近い位置に変化することが多いので、直ちに切除しなければならないことはありません。
永久歯が生える6〜7歳位まで様子を見て、それでも位置が歯に近い状態の場合には小帯切除を検討しましょう。

◉高見歯科院での上唇小帯切除の流れ

 

①上の歯肉に表面麻酔後(なるべく痛くないように)に注射で麻酔

②CO2レーザーで切除(ほとんど出血しません👍) ➡︎ 処置時間 約3分

③消毒して終了(当院では鎮痛剤の処方が必要であったケースはありません)

 

 

CO2レーザーを用いるため出血や術後の痛みが少なく傷の治りも良好です◎

 

 

PS

◎待合室に貼ってある身長測定用ウォールステッカー、

子供達に大人気です✨

 

◎新型コロナの影響により医療用品の価格高騰が続いておりますが、高見歯科医院では引き続き感染防止対策に全力を尽くします❗️

 

ページトップへ