ネット予約はこちら アクセス
0936510662 院長ブログ
アクセス TEL WEB予約 ブログ

メニュー

トピックス

⚠️大人の上唇小帯異常に要注意⚠️

こんにちは、高見歯科医院 院長の裵(ぺ)です。

 

皆さんは『上唇小帯』という言葉をご存知でしょうか⁇

上唇小帯とは、顔の中心の上唇(うわくちびる)の内側にあり、上唇と歯肉をつなぐひだ状のものをいいます。

また上唇小帯異常とは、その先端部位の位置異常をいいます。つまり上唇小帯の歯茎側の先端部位の位置が、より歯に近い部位まで伸びていて、そのために歯と歯の間に隙間ができているか、そのおそれのある状態をいいます。

 

こんな感じです。

その結果、

歯並びへの悪影響 ➡︎   すきっ歯になる

②歯ブラシがしにくく虫歯になりやすい

などの問題が生じます。

 

そこで必要な処置が『上唇小帯切除』です。

必要以上に着き過ぎてる部分を、切除するイメージです。

しかし、成長に伴い正常な位置になる事も多いので、必ずしも切除が必要な訳ではありません。
永久歯が生える5〜6位まで様子を見た上で、上唇小帯切除を検討しましょう。

 

◉因みにこの上唇小帯異常を放置したまま大人になった場合

歯並びへの悪影響 ➡︎   すきっ歯になる

②歯ブラシがしにくく虫歯になりやすい

これらの問題以外に

下顔面(鼻から下)が伸びたような見た目になる

 ➡︎結果、お顔全体が間延びした印象になります。

 

大人の方でも遅くはありません。

1、上唇小帯切除

2、マウスピース矯正

これらの手順ですきっ歯などの治療が可能です✨

 

 

◉高見歯科院での上唇小帯切除の流れ

 

①上の歯肉に表面麻酔後(なるべく痛くないように)に注射で麻酔

※恐怖心の強い場合は笑気麻酔を併用出来ます

 

②CO2レーザーで切除(ほとんど出血しません👍) ➡︎ 処置時間 約3分

 

③消毒して終了(鎮痛剤が必要なケースは殆どありません)

※食事は麻酔が切れてから。しょっぱい食物で傷口がしみる事があります。

 

CO2レーザーを用いるため出血や術後の痛みが少なく傷の治りも良好です◎

 

まずはご自身の、そしてご家族の上唇小帯をチェックしてみましょう🎵

 

 

 

PS.ウォールステッカーを夏にしました🌻

 

 

ページトップへ